婚活・恋活マインド

【ネタバレあり】バチェロレッテに見た結婚相手選びの本質【理想の結婚相手と出会うためにやるべきこととは?】

  1. HOME >
  2. 婚活・恋活マインド >

【ネタバレあり】バチェロレッテに見た結婚相手選びの本質【理想の結婚相手と出会うためにやるべきこととは?】

※本稿はネタバレを含みますので、まだ最終回を観てない人は読まないでください。

 

こんにちは!

 

たかろーです。

 

今回はAmazonプライムビデオで配信されているバチェロレッテジャパンの最終回を見て、

 

僕が思うことをお話させていただこうと思います。

 

当ブログは、

 

彼女を作ろう!

 

がメインテーマなのですが、

 

たまには結婚についても触れてみようと思います。

 

 

 

さくっとストーリーの振り返り

 

今回のバチェロレッテジャパン、色々考えさせられてすごく面白かったです。

 

これまでのバチェラージャパンはキレイな女の人がいっぱい出てきて、目の保養になってたんですが、

 

今回は

 

男祭り。。。

 

17人の野郎たちが1人の女性を奪い合うという、

 

男からしたら何が面白いんだという印象でした。

 

なので、当初はあまり見る気もおきませんでした。笑

 

 

しかし、

 

いざ見てみると、

 

バチェロレッテの福田萌子さんのみならず、

 

出演している男性たちがすごく魅力的でした。

(変な意味ではなく)

 

最初は

 

こいつ嫌いだなー

 

とか思ってた人も

 

回を重ねるに連れてだんだん好感が持てるようになってきました。

 

そんな中、

 

最後まで残ったのは


出典:Amazon Primevideo

実業家の黄皓さん(33)

 


出典:Amazon Primevideo

画家の杉田陽平さん(35)

 

上記の2名でした。

 

両極端な2名ではありますが、

 

どちらも魅力的な男性でした。

 

正直、僕はイケメンでエリートの黄皓さんが選ばれるのかなーと思っていました。

 

「結局イケメンかよ」

 

 

って言う準備もしてました。

 

しかし、

 

福田萌子さんが出した結果は…

 

どちらも選ばない

 

まさかの決断でした。。。。

 

 

 

結婚相手探しの本質を見た

 

この結果を受けて、驚きはしました。

 

驚きはしたんですが、

 

これが結婚相手選びの本質だなーと思いました。

 

番組のルール上、

 

誰かを選ばなければ番組は成立しません。

 

しかし、

 

番組のテーマはあくまで結婚相手探し

 

結婚相手としてしっくりくる相手が17人の中にいないのであれば、

 

誰も選ばないという選択肢をとるのは当然のことです

 

実際の婚活も同じだと思います。

 

30歳を過ぎて、ある程度の年齢を過ぎると、

 

結婚に対して焦りが出てきます。

 

そうなれば、

 

今まで出会ってきた人

 

今、自分の周りにいる人

 

上記の中から選ぼうとしてしまいます。

 

言葉を悪くすれば妥協かもしれません。

 

世間体がどうしても気になるとか、

 

若いうちに子供がほしいからとか

 

どうしても結婚したいという人であれば、話は変わってきますが、

 

結婚するということ自体が目的ではなく、

 

結婚して幸せに生きるということが目的なのであれば、

 

今ある選択肢の中から無理して選ぶことはかなり危険なことです。

 

結婚は簡単なものではありません。

 

今でこそ離婚する人が多くなってきましたが、

 

そう簡単に離婚することはできません。

 

日本の離婚率は35%と言われています。

 

僕はこのデータを

 

無事に離婚できた人が35%

 

というふうに捉えています。

 

離婚していない65%の中には

 

離婚したいけど離婚できなかった人もたくさんいる

 

と考えられます。

 

僕は今までに仕事でたくさんの高齢夫婦を見てきました。

 

歳をとっても仲が良いご夫婦もいれば、

 

「結婚は忍耐」と言う言葉が似合うご夫婦もいらっしゃいました。

 

その中で、

 

残念ながら

 

高齢になってもなお幸せそうに見える夫婦は数えるほどしかいませんでした。

(あくまで客観的に見てですが)

 

もちろん、僕が見てきたのは夫婦の1つの側面にしかすぎないかもしれません。

 

もしかしたら、僕の見方が間違っていて実は幸せな結婚生活を送っていらっしゃったのかもしれません。

 

でも、僕は結婚に対してポジティブな印象を受けませんでした。

 

人は歳を重ねるにつれて価値観が変わる生き物です。

 

若い頃には価値観が合っていても、

 

歳を重ねるに連れて価値観が合わなくなってきます。

 

高齢になっても仲良く幸せな夫婦の特徴は

 

ずっと価値観が一緒の人が多かったです。

 

言わば、価値観の方向性と呼べるものでしょうか。

 

例えば、

 

休日は自己研鑽をし始めたばかりの意識高い系の男性と、

 

休日は友達とお茶したりショッピングという女性が結婚したとします。

 

結婚した時点では、男性も自己研鑽をし始めたばかりなので

 

価値観のズレはあまりないかもしれません。

 

しかし、

 

男性と女性は外から受ける刺激が全く違うので

 

次第に価値観がズレるようになってくるでしょう。。。

 

これは極端な例かもしれませんが、

 

成長の方向性が違うというのは離婚率が高い原因の一つらしいです。

 

なので、

 

結婚する前に現在の価値観だけでなく

 

将来的にお互いの価値観がどう変わっていくのかも

 

ある程度予想しなければなりません。

 

価値観の方向性が合っていれば、

 

歳をとっても価値観がズレることは少ないと思います。

 

「問題が起こっても話し合えばなんとかなる」

「お互い譲り合えば円満な夫婦生活が送れる」

 

という意見もあると思います。

 

僕の個人的な意見ですが、

 

これらは理想論であり、非現実的です。

 

価値観が違ってしまえば、

 

どうにもならないことが多いのではないでしょうか。

 

今回のバチェロレッテの番組のように、

 

バチェロレッテの福田萌子さんと人生の方向性が合っている人が、

 

たった17人の中にいる確率はめちゃくちゃ少ないです。

 

そもそも17人から結婚相手(候補)を選べというのは無理があります。

 

世界には38億人もの女性がいます。

 

これまでの20年や30年の人生で

 

自分の方向性が合っている人と出会えている可能性はかなり少ないでしょう。

 

もしかしたら一生出会えないかもしれません。

 

もしまだ出会えてなかった場合、

 

無理して結婚すると、かなり高い確率で悲惨な人生が待っています。

 

何度も結婚と離婚を繰り返すのも一つの方法かもしれませんが、結構大変だと思います。

 

なので、結婚相手は無理して選ばず、

 

相手がいないのであれば、

 

選ばないという選択肢をとるのも賢明な判断です。

 

結婚を目的にして、妥協した相手と結婚し我慢の結婚生活が待っているのであれば、

 

ずっと理想を追い求め続けて結婚しない方が賢明な判断だと僕は思います。

 

結婚が目的なのか、

 

幸せに生きることが目的なのか、

 

自分の中ではっきりさせて婚活することが大切だと思います。

 

 

理想の相手と出会うにはどうすればいいのか

 

理想の結婚相手と出会うには、

 

とにかく色んな人を見ることが大事です

 

色んな人を見てみないと自分の理想がどういう人なのかわかりません。

 

色んな人を見すぎると理想が高くなって、選べなくなるんじゃ…

キリがないよね。

 

確かに、色んな人のいいところをたくさん見ることでどんどん理想が高くなるかもしれませんが、

 

色んな人と会わないと、本当の自分も見えてきません。

 

例えば、自分はかわいくてスタイルがいい人が好き!って思っていても、

 

色んな女性と出会っているうちに性格重視に変わっていく(気づく)なんてことも多々あります。

 

自分と合うタイプの人は頭で考えるよりも、

 

実際に出会って接していく方がわかりやすいです。

 

結婚して幸せな人生を歩むために、

 

まずはたくさん出会って色んな人を見ることから始めましょう。

 

参考婚活パーティーのサクラは悪なのか【サクラに対する考え方と見分け方を解説】

婚活パーティーにサクラっているの? いたら嫌だなあ。。。   婚活パーティーのサクラ問題。   好きになった人がサクラだった場合、カップルになるまで茨の道が待っています。 &nbs ...

続きを見る

 

出典:

Amazonプライムビデオ

 

 

-婚活・恋活マインド

© 2022 彼女を作ろう.com Powered by AFFINGER5